ナビゲーションを読み飛ばす

港区議会インターネット中継

  • トップページ
  • 生中継
  • 録画中継

文字サイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする

会議の録画映像がご覧いただけます。

  • 平成28年7月定例会
  • 7月15日 本会議 代表・一般質問、議案等の付託
  • 共産党議員団  熊田 ちづ子 議員
  • 1 手話言語条例の制定について
      ア 国に対して早期の手話言語法の制定を求めること。
      イ 区として早期の手話言語条例を制定すること。
      ウ 区役所や各地区総合支所等に手話通訳者の常時配置を検討すること。
    2 同性カップルをパートナーとして認める証明書の発行について
      条例または要綱の制定を急ぐこと。
    3 保育園での事故を防ぐための対策について
      ア 事故防止対策として、区立認可保育園等だけでなく区内の私立認可保育園、認可外保育施設等も含めて、東京都の通知に沿った対応を徹底するよう区としても指導すべき。
      イ 東京都の指導で、救急時の対応は訓練をしていなければ緊急時に動転してしまい、適切な対応がとれないと、繰り返しの訓練の必要性や講習の大事さを指摘されている。事故が起きてからでは遅く、事故を未然に防ぐために、保育に従事する職員数にあった訓練や講習の機会を設けること。
    4 高齢者集合住宅における生活協力員の過重労働と待遇改善について
      ア 業務実態に応じた業務および処遇改善をすること。
      イ 居室の使用料を区立と同様に、都営も区が負担すること。
    5 公衆浴場の確保について
      公衆浴場の確保のため、港区浴場組合の意見を聞いて、資金援助を含めて区の責任で施設の拡充、人材の育成を進めること。
    6 健康診査事業について
    (1)乳がん検診について
      ア 今年度の見直しで、マンモグラフィ検査を受ける方が大幅に増えることになるため、十分な検査体制を整備すること。また、区民への周知を図り、受診率が低下しないようにすること。
      イ 異常の有無がわかりにくい判別困難ケースについては、受診者に不利益にならないよう通知の方法を検討すべき。また、超音波検査を受けられるようにすべき。
    (2)30(さんまる健診)の対象者を20歳以上に拡大することについて
       生活習慣病予防のため区が現在実施している30歳以上を対象とした30(さんまる)健診を、職場などで健診を受ける機会の少ない20歳以上の区民に拡大すべき。
    7 「ちぃばす」青山ルートの改善について
      南青山七丁目バス停を新設すること。それが無理なら、休止している既設の南青山七丁目バス停を利用する路線に変更すること。
    8 赤坂・青山地域にスポーツ施設の建設を進めることについて
      南青山五丁目の農林水産省共済組合南青山会館跡地と農林水産省公務員宿舎(南青山寮)跡地について、スポーツ施設を含む活用方針を立て、購入に向けて動き出すこと。
    9 建築紛争を未然に防ぐための取り組みについて
    (1)横浜市などの住民目線で紛争を未然に防ぐ手立てを進める自治体を参考に、次のことを実施すべき。
      ア 港区中高層建築物等の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例を改正すること。
      イ 住民にわかりやすいチラシを作成すること。
      ウ 港区中高層建築物等の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例の概要版を作成すること。
    (2)住宅地域及び住宅地域に隣接する地域については、土曜日の解体工事や建設工事を休みにするよう要請すること。
    10 命と健康を守るためのアスベスト対策について
      ア 環境課の体制について、環境指導・環境アセスメント担当を抜本的に強化すること。
      イ 川崎市の「解体工事についてよく知っていただくために-アスベスト除去工事等の規制のあらまし-」などを参考に、パンフレットを作成すること。
      ウ 50平方メートル以上の建築物の解体については、大気中のアスベスト濃度の測定を義務付けること。
      エ 石綿含有成形板について、手作業や散水により粉塵が飛散しないようにすることは努力義務だが、川崎市のように義務付けにすること。
      オ アスベストの含有率を測定できる携帯用アスベストアナライザーを購入すること。
      カ アスベスト飛散濃度を測定できる繊維状粒子自動測定器リアルタイムファイバーモニターを購入すること。
      キ アスベストの実態調査の専門家を養成する建築物石綿含有建材調査者制度を、区の責任で資格取得を進めること。
    11 愛育病院前に横断歩道を設置することについて
      区立芝浦公園の整備が進められており、運河沿いの遊歩道と一体とした利用の可能性が広がっている。交通安全と利便性の向上が求められているため、愛育病院前に横断歩道を設置すること。
    12 その他
前のページに戻る