ナビゲーションを読み飛ばす

港区議会インターネット中継

  • トップページ
  • 生中継
  • 録画中継

文字サイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする

会議の録画映像がご覧いただけます。

  • 平成28年9月定例会
  • 9月14日 本会議 代表・一般質問
  • 共産党議員団  熊田 ちづ子 議員
  • 1 区長は、安倍首相の憲法改定の策動を許さないために、憲法遵守の立場を明確に発信することについて
      港区平和都市宣言や平和を考える集いでの挨拶と、安倍政権が狙っている憲法改悪とは相入れないものです。以下について、国に要請すること。
      ア 安倍政権に憲法改定をやめること。
      イ 現行憲法を遵守すること。
    2 安倍政権の進める社会保障の改悪に反対することについて
      ア 区長は保険者として、区民の介護サービスをこれ以上低下させないためにも国に対し、要介護1、2の訪問介護や通所介護などの保険給付費外し、利用料2割負担増の対象者の拡大、介護用具の自己負担導入をしないよう要請すること。
      イ 高齢者医療の窓口負担については、75歳以上の方についても2割負担を段階的に導入する計画です。負担増はやめるよう国に要請すること。
    3 エレベーターの安全確保について
      消費者庁からシティハイツ竹芝のエレベーター事故の事故調査報告書が発表された今、国の安全対策助成制度を改善させるチャンスです。国民の命にかかわることですから、一刻の猶予もなりません。以下について、国に要請すること。
      ア 戸開走行保護装置のみの設置でも、助成対象とすること。
      イ 助成金額を大幅に引き上げること。
    4 増田元総務大臣に対する東京都知事選挙への出馬要請について
      ア 増田氏の経歴を知った上での要請だったのか。
      イ 23区の立場と相入れない、法人住民税の一部国税化を進めてきた人を推薦したのか。
    5 災害用ラジオの支給について
      ア 来年度の当初予算で、希望者全員に普及するよう取り組みを改めること。
      イ 1月のスタートから、聴覚障害者世帯へは無料で支給するよう変更すること。
    6 残業時間の上限を法律で制限するよう国に求めることについて
      残業時間の上限をしっかりと法律で決めるよう国に要請すること。
    7 保育園の待機児童解消について
      ア 今回明らかになった潜在的待機児童が、関東の自治体の中で9番目に多い自治体となったことについて、区長はどのように受けとめているのか。
      イ 子どもの成長を保障する保育環境の整備が求められます。待機児童の実態にあった保育所の整備、子どもの保育環境を保障する上でも、区直営の区立認可保育園の建設を基本とすること。
    8 児童相談所の早期設置について
      ア 区民の期待に応え、早期に児童相談所を設置すること。
      イ 児童相談所に係わる職員は高度な専門知識や、子どもや保護者との信頼関係を築くための高度なコミュニケーション能力等が求められます。それらは短時間で築けるものではありません。児童相談所に相応しい人材育成を含む体制づくりを早急に行うこと。
    9 高齢者支援の住宅家賃制度創設について
      ア 高齢者向けの民間家賃助成制度を検討・実施すること。
      イ 高齢者世帯が民間賃貸住宅を借りる場合、契約書に必要な保証人が誰にも頼めず、貸主と契約ができない方については、区長が保証人となって、契約成立を応援すること。
    10 子ども医療費無料化のペナルティ廃止を国に求めることについて
      ペナルティが廃止されれば、全ての自治体で現物給付が可能となり、対象年齢の拡大など、子ども医療費の対策が拡大されることにつながります。子ども医療費無料化のペナルティ廃止を国に求めること。
    11 給付型奨学金制度の創設について
    (1)以下の3点について、国に要請すること。
       ア 給付型奨学金を創設すること。
       イ すべての奨学金を無利子にすること。
       ウ 既卒者の奨学金返済の減免制度をつくり、生活が困窮する場合の救済措置を講ずること。
    (2)給付制奨学金を創設するよう東京都に要請すること。
    (3)国や東京都で実施するまで、区として給付制奨学金制度を創設すること。
    (4)既卒者の返済について、減免制度を抜本的に改善すること。
    (5)現在、奨学金制度を利用している人に対しては、収入に見合った返済免除制度をつくること。
    (6)区議会として東京都に対する意見書を提出すること。
    12 その他
前のページに戻る